経済産業省の資源エネルギー庁は、国の重要なエネルギー政策を担当します。

最近、各家庭をはじめ、様々な事業主で、新エネルギーとして、とりわけ、太陽光発電がもてはやされています。ご家庭の屋根などに太陽光発電パネルを装備されているところが多くみられます。

昨今、この新エネルギーの開発がなされていますが、急激な開発にともなう、マイナス面も話題となり、時に「多大な迷惑」ともなります。発電された電気は全量を買い取る制度ともつながっていて、地権者等とも共同して、事業者が利益確保を狙い、多大投資され

そこで、資源エネルギー庁では、以下の主旨で「事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)」を制定しています。

 

事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)(以下「本ガイドライン」という。)は、再生可能エネルギー発電事業者がFIT法及びFIT法施行規則に基づき遵守が求められる事項、及び法目的に沿った適切
な事業実施のために推奨される事項について、それぞれの考え方を記載したものである。