コンプライアンスを「法令、ルールはもとより社会規範を遵守すること」と理解できます。
私ども連合自治会は、この4月から、隣接する下池に水上大規模ソーラー発電所建設工事に関連して、積水ハウスさんと直接の接触機会があります。
さて、企業さんによっては、社内でコンプライアンス体制を意識した企業運営をされているところが多く見受けられます。
例えば以下のとおりです。


CODE1 お客さまのために
最適なサービスのご提供、誠意ある態度、守秘義務の遵守 他

CODE2 誠実で透明な行動
法令・ルール・社会規範の遵守、公私のけじめ、人権の尊重 他

CODE3 責任ある仕事
正確な事務、何事も先送りはしない、適切な報告・連絡・相談 他

CODE4 社会からの信頼
地域社会から信頼される企業、透明でクリーンな関係、フェアな取引 他

連合自治会としては、今後、積水ハウスさんのみならず、様々な企業体さんとの折衝がございますが、
どの企業体でも適切にコンプライアンス体制で臨んでおられるのかどうか、これは、営利を目的とする以上、時には問題をはらみ、露呈することもあろうかと思われます。

それぞれ、どのような企業コンプライアンスで臨んでこられるのか、注視が求められます。


引用 http://www.resona-gr.co.jp/holdings/about/governance/compliance/index.html