これまでは、秋のクリーンキャンペーン時に1部自治会で、当該水路棚の除草作業を行っておりましたが、今回、諸般の事情により、連合自治会として賛同していません。雑草は、この時期、繁茂していることから、水利権を主張されている、小林土地改良区さんに除草をやっていただくことも含めて、同改良区理事長さんと折衝を進めましたが、10月21日、同区理事長さんは、これをお断りになられました。
そこで、市の管理課にご相談したところ、今回は、快く市で実施していただけることをお聞きしておりました。
本日、10月30日午後、市管理課ご担当により、小林土地改良区管理水路棚(1部自治会域)の除草作業を実施していただきました。
本日作業いただきましたことに御礼です。また、1部会長さんからも、関係機関諸氏へ、謝意の表明をいただいております。