9/4,台風21号が関西地域他を襲いました。強風がやや落ち着いた頃、地域を観て回りましたが、多くの罹災を目の当たりにしました。他の地域では、報道等によりますと、未曾有の光景もございました。
当地域においては、大きなお怪我等の情報は届いておりませんでしたが、強力な南風により、植木鉢はもとより、テレビアンテナ、塀、テラス、波板、物置などあちこちにその爪痕が残っていました。

1部自治会区域では、南風によってもたらされた飛散物が、電力線にひっかかり、落下の危惧もありましたので、通行にご注意いただくため、警察に通報して、道路上にコーンを配置して、注意喚起を促しました。(現在では、すでに飛散物の撤去が済んでいます。9/8)