毎年、市との間で交わしている覚書に、「公園緑地の日常管理に関する覚書」があります。本年度も、その覚書を交わす時期となりました。

5月開催の、連合自治会役員会で、この検討を行い、現在、市との交渉を進めているところです。

ポイントの一つは、東公園グラウンドの扱いです。
以前は、一時、草が生い茂っていたときもあったとお聞きします。
しかし、現在、雑草はほとんどなく、ゴミも収集され、地域をこよなく愛する皆々様による、継続的な、心からの美化・清掃に努めていただいており、地域の皆さまの真心こもるご協力により、とても気持ちよく使える状態が維持されております。

そこで、そのあたりの各部をあげての連合自治会としての取り組みの一端を、役員会を代表して、連合自治会長が、市の関係窓口を通じて、取り組みの現状を申し出させていただき、維持管理手間料の検討をお願いしているところです。

これからも、各部自治会の皆々様のご理解・ご協力によりまして、更に整備のゆきとどいた公園・緑地としてご利用いただけることを願っております。(筱)