地域の安全・安心に欠かせない、防犯灯にまつわる経費について、精査を開始さていただいております。

本日、関西電力奈良営業所ご担当3名が、小林住宅公民館に来訪いただき、防犯灯電気料金について。課金体系や現況について、役員2名に対し、ご説明をしていただきました。

現在、同営業所から156基(実灯数はこれ以上です。)の防犯灯電気料金請求書を受けており、すでに4月請求分については、これまでどおり、4/19口座引き落としにより支払い済みではあるものの、適切な請求であるかどうか、4/17から、確認手順を開始させていただいております。

関西電力さんの請求書様式の特質上、個々の防犯灯と電気料金の照らし合わせが難しく、確認しにくい状況であると判断できましたので、本日、関西電力株式会社奈良奈良営業所さまより、古い資料ではあるものの、防犯灯設置位置地図や整理表のご提供を受けましたことにより、今後、スムースに確認手順が進むものと思われます。

次回連合自治会役員会にて、これらの情報の共有・点検により、さらに確認・見直しが進展するものと願っております。(筱)